スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
そして伝説へ…
きたああああああああああああ!!!!

nekoawa2008.jpg

「猫粟っ」…!
ついにッ…!カンストッ…!
圧倒的ッ…!カンストッ…!!!

アラド始めて1年近く、ようやく、カンストとなるキャラが現れました。
とても長かったようで、やっぱり楽しかったインファライフ。
どれだけ敵の攻撃をかわし、敵のふところに飛び込み、
どれだけ敵を集め、どれだけ拘束し続けるか、それが私に課せられた業。
それを極める日々はとてもやりがいがありました。


インファイターという職業をご存じであろうか。
一瞬にして敵の懐に潜り込み、猛火の如きラッシュを叩き込んだのち、華麗なるスウェーで間合いを開く。
縦横無尽、蝶のように舞い踊るその肉体に、魔獣の牙が届く道理など存在しえない。彼らの称号。
と言ったところで、彼のその拳が、バーサーカーやエレメンタルマスターに届くかといえば、きっと届かないだろう。
攻撃力も爆発力も並。修理費だけは並以上で、唯一の取り柄はダックスウェーの機動力。
そんな彼らに、強者の称号は余りにも不相応だ。
しかし、イメージして頂きたい。屈強な男、いや漢が、拳一つで道を切り開くその姿は、実に『爽快』ではなかろうか。
ダッキングから繋がる三つの選択肢を経たその先に広がる、数限りないコンボアーツ。
重厚なボディブローから始動する一連の動きには流麗さすら漂い、
瀑布の如く打ち付けるチョッピングには小宇宙すら感じさせる輝きが詰まっている。
スウェーを覚えるレベル30までの道のりは実に険しいだろう。
レベルを経る度に跳ね上がる修理費に悩ませられる日もあるだろう。
他職の殲滅力、制圧力を羨ましく思う日もあるだろう。悪魔の破滅者セットの異様な値段に枕を濡らす日もあるだろう。
けれど、そんな時には一度立ち止まって、思い出してほしいのだ。
自分がまだ、この果てしなく長い男坂を、登り始めたばかりだという事を。

(職業紹介スレより引用)


ほんとに良い職業だと思うんです。インファイター。
こんなにも楽しい職業は他にはないです。
これからもよろしく相棒!!!




アラド関係ないけど、最近好きな音楽があります。
「Half Life」というバンド。
最近メジャーデビューしたばかりですが、とても良いです!

ACIDMAN好きな人は絶対好きになるでしょう。
3ピースにも関わらず非情に重厚な音を出します。
そして歌がうまい…!
今大注目のバンドだと思うので要チェックでござる。

--
猫粟
スポンサーサイト
【2009/12/30 02:51】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。